パート保育士で普通とは違った働き方をしてみる

正規の保育士とパート保育士

世の中には正規職員と非正規職員がありますよね。世間一般からすると、正規職員の方が良くて、非正規職員はちょっとイメージが良くないなんてこともあるかもしれません。保育士にも非正規職員はあって、いわゆるパート保育士というものです。確かに、パート保育士は正規の保育士と比べると給与面では不利が大きいかもしれません。ボーナスもなく、月々の給与も低いです。しかし働き方に柔軟性を与えるという意味では、むしろ正規の保育士よりも優秀かもしれないのです。

パート保育士の働き方

パート保育士というのは、正規の保育士に比べてはるかに身軽です。正規の保育士の場合、言ってみれば職場に拘束されることになります。フルタイムで働くことになり、自分の自由な時間を確保することが難しいかもしれません。一方、パート保育士の場合は基本的な一日の労働時間は5時間ほどであり、そのため仕事と家庭との両立をはかりやすいという側面があります。子育てをしているなどの理由でフルタイムで働けないという人には、パート保育士の方が働きやすいかもしれません。

保育士の人材が不足している状況で

待機児童の問題などもあってか、保育施設の数は年々増加傾向にあります。その一方で、その担い手であるはずの保育士の数は伸び悩んでおり、慢性的な人材不足に陥っているという状況です。そのため、パート保育士という存在が注目を浴びています。パート保育士をもっと増やすために補助金を出すという取り組みも広まっており、より働きやすい職場づくりが進んでいます。もちろん、正規保育士として働く道もありますから、自分に合った働き方を選ぶ選択肢を広げるという意味でも、パート保育士の重要性はますます高まっているのです。

保育士の求人なら神奈川県はいかがでしょう。神奈川県ではいわゆる待機児童の問題も発生し、保育士の求人が増加傾向にあります。県外の方も資格をお持ちなら、神奈川県内での保育士就職も一考の価値があるはずです。

知らなかったら後悔する!?まぎらわしい求人誌用語

「週休2日制」と「完全週休2日制」

どちらも週2回休めるんでしょ?と思ったら大間違いです!「完全週休2日制」ならば毎週2日休みがもらえます。しかし「週休2日制」とだけ書かれている場合…これは、「週2日の休みが月に1回以上ある」ということになります。つまり、最初の週は2回休みをもらえたけど、その次の週は休みが1回だけだった、ということもある訳です。これを勘違いしたまま就職して後からガッカリ、なんてことのないように求人欄を読む時は気をつけたいですね。

「社会保険あり」と「社会保険完備」

この2つも実は意味合いが違うんですよ!そもそも社会保険には「雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金保険」の4つがあります。そして求人誌に「社会保険完備」と書いてあれば、4つの保険全てに加入できます。しかし「社会保険あり」の場合は…お察しの方もいるでしょうが、全ての保険に加入できるわけではありません。4つのうちどれか1つ以上に入れますよ、という意味です。内容は会社によって違いますので、面接の際には保険内容をよく確認した方がいいかもしれませんね。

「月給」と「月収」の違いは…

これも意外に勘違いしている人が多い用語です。「月給」というのは「1ヶ月単位でもらえる決められた賃金」のことです。ようするにボーナスや歩合制などの収入を抜いた額、ということになりますね。求人誌に記載されている月給は「基本給+諸手当て(交通費や役職手当など)」を指すことが多いようです。一方で「月収」とは…簡単に言ってしまうと、1年間で得た全ての収入を12で割ったものです。ボーナスや臨時的な収入なども全て含めてあります。求人情報に「月収30万円以上!」と書いてあるけど実際の基本給は16万ほどだった、ということもありますので面接を受ける際には給料面もよく確認しておくといいかもしれません。

今の世の中はネットワーク全盛期と言えます。つまりそれを整備するネットワークエンジニアが必要とされているのです。

現場で役に立つ介護記録をとるテクニックとは!?

ポジティブな視点でかこう

毎日、介護をしていると利用者の障害の部分に気を取られてしまい、介護記録にあれもできない、これもできないと書いてしまいがちではないでしょうか。しかし、介護は本来、利用者の自立支援を基本理念としていますから、マイナス面ばかりを注視せずに、あれもできる、これもできるというポジティブな視点や発想をもってみましょう。そうすることで、現在、利用者本人ができることだけでなく、これからできるようになることにも目を向けられるようになりますよ。観察により得られる情報が変わってくれば、介護記録もケアプランも良いものになるでしょう。

支援と生活の証明である

介護記録はスタッフにとっては支援の証であり、利用者やその家族にとっては生活の証となります。記された記録には排泄やバイタルサインなど身体状況に関する記録だけになっていないでしょうか。介護スタッフは日常の介護を通じて、利用者と同じ経験を共有しているのですから、利用者がどんなことに興味があって、何に対して不安があるのかなど、精神的な部分についての記録も忘れないようにしましょう。そうすれば、スタッフだけでなく、利用者家族との共有がはかりやすくなりますよ。

時間をきちんと確保して

記録を書こうと思っても、なかなか時間を確保できないということが多いのではないでしょうか。しかし、よりよい介護記録の作成には、それなりに専念できる時間を確保することが必要になります。業務のおわりに30分程度、介護記録を書く時間を確保してみましょう。ただ、せっかく時間を確保しても何を書こうかと介護内容を思い出すために時間をとられていてはダメです。すぐに思い出せるように、その都度メモをしておきましょう。毎日、記録するのは大変ですが、記録を残しておけば、事故やトラブルが発生したときに使えるだけでなく、利用者や利用者家族への情報開示の観点からも非常に役立ちますよ。

介護の求人は、新聞の折込などでよく見かけます。理由は、それだけ介護の現場がつらい状況になっていて、離職者が多いということです。

保育士の資格を取るなら学びやすさに配慮したスクールで!

保育士講座は人気があるけれど

学生時代に進路について友人同士で話し合う機会がある時に、保育士になりたいという人が必ず一人か二人はいるのではないかと思えるくらい保育士志望の人って多いイメージがありませんか?資格を取るためのスクールや通信教育でも保育士になるための講座って本当にたくさんありますから、どこの講座なら学びやすい教材なのか、合格率が高いのかなど気になりますよね。保育士の資格を取るための勉強をしたことがないと余計に心配になってしまいがちです。

学びやすく配慮してくれるスクールを

通学制コースでも、ほとんどの場合は他に仕事を持ちながら勉強している人か家事や育児に追われている主婦の方がほとんどですから、たとえ一週間の中で数日だけ通えばいいところでも時間を作るのも一苦労かもしれません。勉強をしたくても時間が取れないままだと資格の為に学ぶことができないまま試験日だけが近づいてきますが、それでは困りますよね。スクールに行く日以外でも自習に使うためのスペースを解放してくれるところだと便利です。

もし通う余裕がなかったら?

通学制で学ぶ場合に最も困るのがスクールに行けなくなってしまった時です。子供が怪我したり病気になってしまったので急きょ病院に行かなくてはいけなくなった時や、急に残業しなくてはいけなくなった場合などアクシデントはつきものです。そんな時でも、勉強が遅れないように家でスマートフォンやタブレットを使って視聴できる教材があると安心できますよね。保育士試験を受けるための資格がない人向けに受験資格を取得できるところだとなおいいでしょう。

保育園の求人はインターネットで探すことが出来ます。保育園や幼稚園の求人を掲載している専門のサイトがあり求人を探したり、応募することが出来ます。スマートフォンのアプリで求人の検索することも可能です。