就職活動の服装は?第一印象は重要なポイントです

就職活動の時期が来る前に

高校や大学を出れば就職して働くことになりますが、その前に就職活動をしなくてはいけませんよね。誰もが初めての経験ですから、何をしていいのか分からずに、先生や家族、先輩に相談するなどして何とか乗り切ったということもあるのではないでしょうか。応募してスムーズに面接で話をするためにも、やはり服装は大切です。本格的な就職活動の時期が来る前に、面接対策や勉強だけでなく、服装に関しても印象の良い格好が出来るようにしましょう。

服装や持ち物はシンプルが基本です!

普段の格好は派手だという人でも、就職活動をする時にも同じようにしていては合格は程遠いです。男女性別関係なく、服装はシンプルかつすっきりとした、清潔感のあるものを選びましょう。リクルートスーツは紺かグレーで、購入前に試着をして肩幅や腰周りなども確認してから購入してください。シャツも白でぴんとアイロンがきちんとかかっているものを着用します。鞄も黒などのベーシックなものを選んで、トータルに見てバランスが取れているかチェックしておきましょう。

服装が決まれば身だしなみも整えて!

着用するスーツや持っていく鞄を決めたら、今度は自分自身の身だしなみを整えましょう。髪の毛がぼさぼさで伸びっぱなしになっていたりするのもいけませんし、女性なら長い髪はまとめておかないとだらしなく見えてしまいます。爪は綺麗に短く切りそろえ、香水やアクセサリーなどは面接時には使わないようにしておきましょう。もし風邪や花粉症などでマスクをしている時は、これも面接時には外すなどしておきましょう。出かける前には姿見を使って全身のコーディネートを確認してから出かけて下さいね。

新卒紹介とは新卒者向け就活支援の一つで、対象者に適した求人の紹介をしたり個別のアドバイスをするサービスのことです。

はじめてのバイト!学生におすすめの職種とは

学生にとってのバイトとは

高校生や大学生になると行動範囲が増えてきて、これまで知らなかった世界に関わることが多くなります。そのひとつがアルバイトで、中学時代は無理でしたが、学校によっては高校でも許可されている場合があり、チャレンジする人も出てくるでしょう。働いてお金を稼ぐのは良いことですが、学生の本分はあくまで学業であり、ここを間違えると意味がなくなってしまいます。バイトをはじめる前に、まずは自分の本分をしっかりと自覚することが大事です。

給料よりも働きやすさを重視

それでもアルバイトによる社会経験は学業だけでは分からないさまざまなことを教えてもらえるので、余裕があるならチャレンジした方がいいでしょう。お金を稼ぐ大変さを知れば、使い方も良くなるはずです。ただ学生の場合、バイト先を探すのに給料ではなく働きやすさを重視することが大切になってきて、ここを間違えると厄介なことになってしまいます。大切なのは金を稼ぐことではなく社会経験をすること、このことを覚えておきましょう。

優先順位を考えること

そしてアルバイト先には時としてとんでもない、いわゆるブラック企業も存在しています。はじめてのバイトで見極めるのは難しいことで、そういうところで働いてしまう場合もあって、対処が必要となってくるケースが出てくるはずです。もしも働きたくない、無理だと思ったらすぐに辞めてしまうのが良く、学生の本業は学業であり優先順位を考えましょう。無理をして続ける必要はなく、すぐに信頼できる人に話す、その上で対処することが大事です。

ドコモの求人とは、大手通信会社のNTTドコモでの求人(正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト含む)のことです。

どう乗り越える?バイトの面接!押さえておきたいポイント

面接時に忘れてはならない持ち物

いよいよ明日はバイトの面接!前日から必ずチェックしなくてはならないものが持ち物です。中でも大事なのは履歴書。面接当日に履歴書持参という会社が多いのではないかと思います。履歴書自体があればよいという訳ではなく、もう一度中身の見直しも行いましょう。誤字脱字はないか、写真の貼り忘れはないか、記載事項の漏れはないか。履歴書チェックが終われば、その他の大事な持ち物といえば筆記用具とメモ帳です。面接時に話してくれる内容をしっかりとメモしましょう!

面接当日の服装って?

面接当日の服装って、迷いますよね。バイトだから、何だかスーツは重い気もするし。ですが、もちろんスーツでもオッケーだと思います。ダメなのは、ティーシャツにジーンズといった、ラフな格好です。いくらバイトの面接とはいえ、やはりラフな普段着ではあまり良い印象は持たれないでしょう。スーツではなくても良いので、清潔感のある格好をしていくのが大切です。例えばジャケットにパンツか、膝丈のスカートなどです。髪の毛も、長い人は束ねて行く方がきっと好印象ですね。

面接時に聞いておきたい質問を考えておこう

面接で最も大切なことは、会社への質問です。面接当日までに、質問することを整理しておきましょう。これは、いざバイトを始めた時に、こんなことは聞いていなかった、知らなかった。結果、せっかく入ったのにすぐに辞めることになってしまった。などということを防ぐ為にも、とても大切です。ですが、勤務時間や日数など、こちらの希望をしっかり伝えることも必要です。学生の人は、テスト期間などに長期で休みをもらえるかどうかも質問しておくと良いでしょう。

さまざまな求人がある中、販売の求人は未経験でも可能という案件が多いです。経験が無くても応募出来るので敷居の低い案件といえます。

これはお得!!入社祝いをもらえるバイト!

知り合いとバイトをするなら

アルバイトのなかには、入社祝い金がもらえるところがあるのを知っていますか。入社祝い金というのは文字通り、アルバイトを始めることによって祝い金をもらえる制度です。まだ働いていないにもかかわらず、お金をもらうことができるなんてかなりお得なことですよね。入社祝い金に関しては、知り合いの紹介によって発生するところもありますので、知り合いにアルバイトをしたいと思っている人がいるなら、自分のバイト先にないか調べてみるといいです。

なかには1万円こえも!

入社祝い金は時給と同様に会社によってどれだけもらえるかまちまちですが、中には1万円を超える高額の祝い金をもらえるところもあります。1万円以上の大金だと自分の欲しいものを買えたりする人が多いから本当に嬉しいですよね。入社祝い金がどれだけもらえるかについても、求人サイトや求人誌に載っていることが多いので、しっかりと祝い金についてもリサーチして、興味を持ったら採用担当者にアポントメントをとるといいでしょう。

もらってもしっかり働こう!!

入社祝い金は確かに嬉しいことですが、お金をもらったからもういいやという考えでアルバイトに臨んだり辞めようとしてしまうのは言語道断です。入社祝い金は確かに嬉しいものですが、それとアルバイトの勤務自体は全くの別物です。仕事の際には祝い金のことはきっぱりと忘れて、毅然とした態度で日々の仕事に打ち込んでいかなければなりません。アルバイトといっても時給が発生するお金を稼ぐ行為ですので、自覚を持った行動が求められます。

住み込みの求人で採用される事によって、住居を確保する事が出来ますので、住宅を探す手間や費用は必要ありません。

自分に合ったバイトとは!?納得するためのバイト探し!

意外と大変!バイト探し!

「よし!バイトを始めよう!」と考えるときあなたはどんなことを第一に考えますか!?学業と両立して頑張っていくならばシフトの組みやすさかもしれません。フリーターとしてがっつり稼いでおきたいならば時給が良いところだったり、または長時間勤務をすることが出来るところだったりした方がいいのかもしれません。人によって優先度は変わりますがバイト探しの時にどのようなことに気を付けたら後々後悔することが少ないのでしょうか!?

内容的か!?時間的か!?

バイトにおいて金銭が発生する理由は内容的なものと時間的なものがあります。内容的なものというのは仕事の内容が大変だからそこに給料が発生するということです。こういったバイトはその分自分の仕事をする時間がある程度自由がききます。飲食店などの多くがこれに当たります。時間的拘束というのは固定の決まった時間に人でが必要なのでそこに給料が発生します。仕事の内容的には比較的楽なものが多いです。塾の講師などがこれに当たります。

なぜお金が必要なのか

内容的に楽な分時間的拘束が多かったり、内容的に大変な分時間的拘束が緩かったりとアルバイトはどっちもどっちといったようなことが多いです。そこで大事になってくるのはどうしてお金が必要なのかということです。自分のお金の使用用途に合わせてアルバイトを入れていくことで自分の人生がさらにかがやいていくのではないでしょうか!?最近ではブラックバイトといった内容的にも大変でなおかつ時間的拘束も多いアルバイトなどがあったりもするのでそういった企業にも気をつけながらバイト探しをしていきましょう。

工場の求人は、特に経験やスキルがなくても採用されやすいのがメリットです。そのわりに、時給は高めになっているので、短期間に稼ぐことができます。

子育てだけを生き甲斐にしないほうがいい?

子供はいつか成長して、離れて行く

多くの女性は出産をして、可愛らしい子供が成長していく姿を見たら幸せに感じることでしょう。そして、その可愛らしい子供のために、職場に復帰しないで専業主婦になりたいと考える女性も多くいます。しかし、専業主婦を選ぶと20年後に困ることになるのです。それは、子供というのはいつまでも可愛いという訳ではありません。成長をしていけば、反抗期にもなり、親の言うことも聞かなくなります。そして子供が大人になって、社会人になれば実家を出て、独り暮らしをしてくでしょう。その時に、子育て以外に生きがいを持っていなければ、何もすることが無くて困るのは、専業主婦を選んだ母親なのです。

外で働かないと多くのデメリットが!

子供が生まれてから、職場に復帰しなければ、多くのデメリットが考えられるでしょう。まず経済的な理由から、夫の発言権が強くなることが予想されます。なぜなら、夫の収入が無ければ、家族が生活していけなくなるからです。そのため、夫から理不尽なことを言われても、我慢をしている専業主婦の方は多くいると言われています。そうなれば、困るのは子育てを優先して、ご自身の収入を放棄した母親になります。その理不尽な夫の態度に我慢できずに、離婚した場合はどうなるでしょうか?おそらく親権(しんけん)を得るのは、離婚の理由によりますが、夫になる場合が多いでしょう。その理由は収入のある親のほうが、子供は幸せに暮らせるという考えが、日本の裁判所などにあるからです。このため、専業主婦を選べば、多くのデメリットがあるので、出来るだけ職場には復帰したほうが良いかもしれません。

出産しても、職場復帰した場合

専業主婦になると、多くのデメリットがあります。それでは出産してから、職場に復帰した場合はどうでしょうか?まず子供を見られる時間が少なくなるのは、避けられません。しかし職場復帰したデメリットはこれだけと言えるでしょう。その他には多くのメリットが考えられます。まず職場復帰をすれば、収入が得られるので、家庭内で発言権が弱くなることはありません。そして離婚をした場合は、母親のほうが親権を得る場合が多いのです。それには色々な理由が挙げられますが、日本の行政支援は、父子家庭より母子家庭のほうが優先されているのが大きいでしょう。このように職場復帰をすれば、子供を見られる時間は減りますが、多くのメリットがあります。そして、仕事に生きがいを持って生きていたら、子供が独り暮らしを初めても、寂しい思いも和らげるでしょう。

主婦のパートについて知りたいなら、就職情報サイトを閲覧することです。地域や勤務時間、時給から検索をすることもできます。

子育てと仕事の両立!おすすめの仕事とは?

忙しい子育て中でも社会との接点は持ち続けたい

今まで仕事をしていて、子育てのために仕事を退職したり、仕事をお休みしている人も多いのではないでしょうか。子育ても楽しいかもしれませんが、それでも子育てだけに全ての時間を集中してしまうと、それなりにストレスを感じてしまう人もいるかもしれませんね。特に仕事をすることが好きな人は、孤立してしまいがちな育児の期間に社会との接点をもつことでバランスがとれ、子育てにも良い影響をもたらすこともあります。そんな時間に制約のある子育て中の人にはどのような仕事が適しているのでしょうか。

好きな時間に働ける仕事

子育て中の人は、子どもが乳幼児であったり、幼稚園や保育所に通い始める段階であったり、様々な状況にあるのではないでしょうか。子どもの年齢によって、育児の合間にできる仕事は変わってきますよね。朝から夕方まで子どもを預けることができる環境であれば、その時間を利用して仕事を探すことができます。できれば幼稚園や保育所、自宅から近い場所で仕事を探す事ができれば、もし子どもが急に熱を出してしまった、というようなときにもすぐにお迎えができますよね。

自宅でできる仕事の可能性

子どもがいくつであったとしても、仕事をすることに差し支えがない究極の環境といえば、やはり自宅で仕事ができるということではないでしょうか。さらに、時間に融通がきく仕事であれば、育児との両立は限りなく可能ですよね。例えば自宅で教室を開くという方法もあるかもしれませんし、インターネットを活用して、フリーランスで仕事を請けて仕事をするという方法もあります。さらに、勤務していた会社で在宅ワークが可能であれば、自分の時間的な条件があえば理想的な仕事ではないでしょうか。

シングルマザーの仕事は病気や学校の行事など子供の都合にしっかりと耳を傾けてくれる職場を選ぶことが大切です。

まずは小手調べとして始めやすい!マンスリーマンションでの1人暮らし

一通りの家財道具が揃ってるお部屋

春ですね!この時期、1人暮らしが決まっている方たちはお部屋探しで大忙しかと思います。実際に春が部屋の移動が最も多い時期のようで、引越し屋さんも一番大変な時期だそうです。昔ちょうどこの時期少し前に引越しをした経験があるのですが、引越し屋さんがそう言ってました。個人的な気分一新などで1人暮らしを検討中、という方も案外多いのでは?まだ少し二の足を踏んでいたり、「自分でやってけるかなぁ」なんて不安もあったりする方にはちょっといい方法かもしれませんね、マンスリーマンションって。実際に1か月単位でお部屋を契約出来、またお部屋には必要最低限の電化製品、日用品が揃っています。

セキュリティーも万全なので女性にも安心

1人暮らしをする中でちょっと不安になるのが「セキュリティー」の問題ですよね?周辺にはどんな人たちが生活しているかも若干不安だったり。しかしマンションには、普通のマンションやホテルのようにフロントに受付の方が配置されていますし、キーはカードキーがほとんどのようです。そのキーは毎回更新されるものなので、一度チェックアウトしてしまえば基本的にはもうそのお部屋には入れません。そしてもうひとつ気になるマンションの住民たち、どんな人たちが主に利用しているかと言うと、案外ビジネスで宿泊している方々が多いようですね。長期出張でホテルより安くて気楽なマンスリーマンションを選ぶ、または引越しの前に準備が整う間間借り的な要素で宿泊する、とか。確かにある程度の長狭の宿泊であれば、ホテルを使うより割安だし気は楽なのは事実ですものね。

洗濯は自分でしなくちゃだけど…

ただし、これだけは共用または自ら出向いてお店を探し事になるのですが・・・洗濯機は各部屋に用意はありません。日常の洗濯、これがある意味最大の問題になるかもしれませんね。マンスリーマンション内にランドリーがあったとしても、利用時間によっては競争になることも想定されますし、もしかすると近所にランドリーがないかもしれません。そこでマンスリーマンションでしばらくの間1人暮らしをされる方は、ランドリーの有無、または近所のコインランドリーがあるかを確認しておくと便利ですね。いかがでしょうか?マンスリーマンションでの生活、ちょっと興味が湧いてきましたか?

マンスリーマンションでは、短期間の契約も可能となっており、一時的な仮住まいの場所としても活用できます。