子育てだけを生き甲斐にしないほうがいい?

子供はいつか成長して、離れて行く

多くの女性は出産をして、可愛らしい子供が成長していく姿を見たら幸せに感じることでしょう。そして、その可愛らしい子供のために、職場に復帰しないで専業主婦になりたいと考える女性も多くいます。しかし、専業主婦を選ぶと20年後に困ることになるのです。それは、子供というのはいつまでも可愛いという訳ではありません。成長をしていけば、反抗期にもなり、親の言うことも聞かなくなります。そして子供が大人になって、社会人になれば実家を出て、独り暮らしをしてくでしょう。その時に、子育て以外に生きがいを持っていなければ、何もすることが無くて困るのは、専業主婦を選んだ母親なのです。

外で働かないと多くのデメリットが!

子供が生まれてから、職場に復帰しなければ、多くのデメリットが考えられるでしょう。まず経済的な理由から、夫の発言権が強くなることが予想されます。なぜなら、夫の収入が無ければ、家族が生活していけなくなるからです。そのため、夫から理不尽なことを言われても、我慢をしている専業主婦の方は多くいると言われています。そうなれば、困るのは子育てを優先して、ご自身の収入を放棄した母親になります。その理不尽な夫の態度に我慢できずに、離婚した場合はどうなるでしょうか?おそらく親権(しんけん)を得るのは、離婚の理由によりますが、夫になる場合が多いでしょう。その理由は収入のある親のほうが、子供は幸せに暮らせるという考えが、日本の裁判所などにあるからです。このため、専業主婦を選べば、多くのデメリットがあるので、出来るだけ職場には復帰したほうが良いかもしれません。

出産しても、職場復帰した場合

専業主婦になると、多くのデメリットがあります。それでは出産してから、職場に復帰した場合はどうでしょうか?まず子供を見られる時間が少なくなるのは、避けられません。しかし職場復帰したデメリットはこれだけと言えるでしょう。その他には多くのメリットが考えられます。まず職場復帰をすれば、収入が得られるので、家庭内で発言権が弱くなることはありません。そして離婚をした場合は、母親のほうが親権を得る場合が多いのです。それには色々な理由が挙げられますが、日本の行政支援は、父子家庭より母子家庭のほうが優先されているのが大きいでしょう。このように職場復帰をすれば、子供を見られる時間は減りますが、多くのメリットがあります。そして、仕事に生きがいを持って生きていたら、子供が独り暮らしを初めても、寂しい思いも和らげるでしょう。

主婦のパートについて知りたいなら、就職情報サイトを閲覧することです。地域や勤務時間、時給から検索をすることもできます。